全国平均は確実に1000円到達必要 連合・23年最賃方針|人事部出身の社労士 社会保険労務士法人ミライズ

東京・豊島区・池袋・新宿 社会保険労務士法人ミライズ

  • 採用情報
  • 事務所案内
  • 新着情報

03-6907-3897

新着情報

全国平均は確実に1000円到達必要 連合・23年最賃方針

2022.12.27 【労働新聞 ニュース】

連合は、2023年度の最低賃金に対する取組み方針をまとめ、地域別最賃については「全国加重平均1000円」に確実に到達したうえ、さらなる引上げを求めていく必要があると明記した。

 めざすべき水準としては、未だ1000円に達していない44道府県は1000円以上、到達済みの3都府県では高卒初任給との均衡、連合リビングウェイジを勘案する。リビングウェイジは連合が独自に算定している最低限必要な賃金水準で、3都府県の水準は東京1230円、神奈川1170円、大阪1100円となっている。